取り組み

映像作品の新たな表現としてだけではなく、劇場の親しみやすさをVRを通じ、幅広い方々にご覧いただける機会を作りたいと考えています